FC2ブログ

マーロウ図書室

本の感想など人知れず語る部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新史 太閤記(下)。

著者:司馬遼太郎
新潮文庫
約430頁

下巻は、
中国方面軍として毛利軍と対峙している
あたりからのお話です。

いやぁ~
本能寺の変からの秀吉の行動力
あっという間の流れでしたね。
残された織田家の家臣達との主導権争いでの
駆け引きが面白いです(^O^)
相手に譲歩しつつも先を見据えた戦略で、
最終的には絡め取ってしまうと。
勉強になりますな(笑)

ただ、
旧織田家や徳川家康を従えたところで終わり、
豊臣の時代については詳しくは触れられず。
朝鮮出兵などは全く出てきませんでした。

とは言え、秀吉を知るには
十分に面白い本だと思いましたね♪(´ε` )
傑作でしょう。

*マーロウ満足度指数*
★★★★★★★★★★
上下合わせで
殿堂入り
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。