FC2ブログ

マーロウ図書室

本の感想など人知れず語る部屋

泣き童子 三島屋変調百物語参之続。

著書:宮部みゆき
三島屋シリーズ第三弾
全6話トータル約470頁
角川文庫

三島屋にある黒白の間で
不思議なお話を聞くという形で進む展開。
1、2作と比べると、
そのお話を通して、主人公のおちかが
癒されていくという部分は少ないかなと。

所々で過去の部分は出ますが、
基本的に怪談話を聞くのみで終了です。
大体の登場人物も出て来て、
すっかり形が決まった感じですかね。

それぞれが、
不思議でちょっと怖い話ですけど、
表題の「泣き童子」なんかは
稲川淳二氏に朗読して貰っても
良いんじゃないかという怪談でした(笑)

ん~
このシリーズ、
ますます次が楽しみですな(o^^o)
単行本では既に4作目が出てるようなので、
早く文庫化をお願いします♪(´ε` )

*マーロウ満足度指数*
★★★★★★★★★★
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する