FC2ブログ

マーロウ図書室

本の感想など人知れず語る部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マレー鉄道の謎。

著者:有栖川有栖
国名シリーズ第6弾
約520頁
講談社文庫

大学時代の友人にマレーシアへ
招かれた火村と有栖が殺人事件に
遭遇するお話。

若干、話が長いんですが、
最初の100頁程は、ほぼ旅行話です。
それと、
鉄道の謎と言ってますが、
現場が列車内とか、時刻表のトリックとか
の話ではないです。
とある敷地内にあるトレーラーハウス
の中(密室)で死体が発見されて、
さらに次の被害者が!!という展開。

ん~
なんと言うか、
ミステリーだな!!って感じ。
そして、読みやすくて良いです。
一番の謎は、どうやって
トレーラーハウスを密室にしたか?
なんですけど、トリックを知ると
そんなに上手く行くのかよっ!!
と、マーロウ疑問に思いました。

まぁ、
細けぇこたぁ~良いんだよ、
楽しめれば。
ってことで(^〇^)

*マーロウ満足度指数*
★★★★★★★☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。