FC2ブログ

マーロウ図書室

本の感想など人知れず語る部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

関ヶ原(上)。

著者:司馬遼太郎
約540頁

天下分け目の関ヶ原の戦い。
そこに至るまでの始まりからを書いた
全3巻の1巻目。

買ったは良いものの、
あまりに長大なボリュームに
腰が引けてました....
がしかし、読み始めると、
あまりの面白さにあっという間に感じるほど
引き込まれましたね。

豊臣家の為に正義を尽くす石田三成と、
表面上は豊臣家に尽くしているも、
着々と天下取りの策略を巡らす徳川家康。
この二人の駆け引きが
豊臣家の大名たちも絡んで、
何とも面白いんです。

で、
さすが狸オヤジの家康と。
狡猾です(´-ω-`)
これじゃ、三成応援したくなりますな。

ちなみに、
上巻では関ヶ原のせの字も出ません。
徐々に戦の雰囲気が高まっていく程度です。

これは、
中巻待ったなしです(^〇^)

*マーロウ満足度指数*
★★★★★★★★★★+
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。