FC2ブログ

マーロウ図書室

本の感想など人知れず語る部屋

関ヶ原(下)。

著者:司馬遼太郎
約490頁

下巻は、
関ヶ原の戦い直前から戦後まで。

いや~遂に完結です。
戦いの中でも、それぞれの大名の
駆け引きとか見所がありました。

小早川が裏切って東軍勝利!!
程度の知識でしたけども、
他にも色々あったんですね。
西軍裏切りものだらけ.....
義ではなく利で動くものが多いと。
にしても、やはり
石田三成嫌われすぎ。
みんな言うこと聞かないし(笑)

例えば、
総大将が前田利家とかだったら
東軍に付いた豊臣家の大名は
どうなってたんだろうか?
とか思っちゃいますな。

いやしかし、
本当に面白かった。
結果は歴史で分かってるけど、
これもしかしたら西軍イケるんじゃね?
とも思わせられる白熱の展開でした(^○^)

*マーロウ満足度指数*
殿堂入り(セットで)
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する