FC2ブログ

マーロウ図書室

本の感想など人知れず語る部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

荒神。

著者:宮部みゆき
約670頁
新潮文庫

江戸時代の山村にある対立する二つの藩。
そこの境目辺りにある村が、
何者かの襲撃によって壊滅するお話。

ん~結構面白かったです。
簡単に言っちゃうと、
江戸時代にミニゴジラ出た!!と。

二つの藩それぞれの目線で進み、
あれこれありながらも
徐々に近づいて行き、真相に行き着く展開。

登場人物も個性があり、
謎の多いものも多々います。
そっちも気になり、
どう事件に絡んでいるのかも面白い所。

おかげで見所も多く、
結構な頁数ですけどさくさく読めましたね。

あと、どうでも良いこと一つ。
舞台は架空の名称ですけど、
どう見ても福島県郡山市近辺(巻頭に地図)
個人的に馴染み深いのでちょっと嬉しい。

*マーロウ満足度指数*
★★★★★★★★☆☆
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。