FC2ブログ

マーロウ図書室

本の感想など人知れず語る部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

霧の果て 神谷玄次郎捕物控。

著者:藤沢周平
短編集全8編トータル約370頁
文春文庫

北の定町廻り同心の神谷玄次郎、
彼が活躍する捕物連作短編集。

勤務態度がよろしくない玄次郎が、
こと重大な事件になると鋭い仕事ぶりで
解決に導くという流れですかね。

で、
かつて彼自身の家族にも起こった事件
(同心だった父が、とある事件を探索した
結果、上から圧力がかけられ、挙げ句に
母と妹を殺され父も傷心し病気で亡くなる)
こちらも徐々に明らかになってくると。
まさに、
霧に包まれた過去の果てに何があるか。

人間味のある登場人物達と、
一見、殺風景ながら巧みな文章がまた
いい感じですね。

シリーズ化されず、
これ1冊で終わりなのが残念ですな。

*マーロウ満足度指数*
★★★★★★★★☆☆
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。