FC2ブログ

マーロウ図書室

本の感想など人知れず語る部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

九人と死で十人だ。

著者:カーター・ディクスン
訳者:駒月雅子
ヘンリ・メリヴェール卿シリーズ
約290頁
創元推理文庫

戦時中、
イギリスへ軍需品を運ぶ船の中で
殺人事件が発生するお話。

ん~
なかなか面白かった。

閉ざされた舞台で限られた人間のみしかいない上、
犯人は重大な証拠を残したにも関わらず、該当者なし。

戦時中という状況と、偶然の要素も
絡んでの展開も良かった。
たまたま乗っていたH・Mの
どたばたした感じも面白い。

良作かなと。

*マーロウ満足度指数*
★★★★☆
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。